FC2ブログ

雪面の造形

2月とは思えないくらいに気温が上がった。
それでも早朝の放射冷却で雪面が凍る、凍み渡りはまだできなかった。
2月中は雪の表面が汚れず白いので、不思議な模様がよく映える。、
晴れた日は明るい、光の春とはこの明るさの事なのかも。

2021年 2月 南魚沼市

白い砂丘
210209.jpg

白い絨毯
210210.jpg

この景色を独り占め
210211.jpg

雪の華 花盛り
210212.jpg
スポンサーサイト



陽春 八海山

2月も半ばになり朝は6時過ぎには明るくなり
夕方は5時を過ぎても明るさが残るようになった。
雪が消え木々が芽吹く春はまだまだ遠いが、光の春は始まっている。
積雪期の陽光に映える八海山を楽しんだ。

2021年 2月 南魚沼市

青空に白銀が映える
210205.jpg

平場から見る山頂の美しき事よ
210206.jpg

雪面が輝く
210207.jpg

南魚沼 冬景色
210208.jpg

真冬の晴れ間

寒さが厳しく、積雪が一番多くなる時期だ。
そんな時期に快晴に恵まれると、何か得をしたような気分になる。
一日に何回も気象情報をみるわけだけれど、ネット上の情報は本当にありがたい。
上空の寒気予想、地域的な雲予想、昔ながらの天気図、そして各地のライブカメラもある。
本当に良い時代を生きていると思う。

2021年 2月 自宅周辺

真冬の華
210201.jpg

真冬の彫刻
210202.jpg

この景色に騙されて
210203.jpg

遠き春よ
210204.jpg



寒中の快晴

快晴だ、暦では大寒なのにきれいに晴れ上がった。
真っ青な空と白い雪原、シーズンに数回しかない機会に
それっとばかりにカメラを持ち出す。
ここは積雪は多いが、気温はそれほど下がらないのだが
今日は午前10時を過ぎても氷点下だった。
ホッカイロを持つのを忘れて後悔する。

2021年 1月 自宅周辺

青空と白銀がここち良い
210109.jpg

これぞ雪景色
210110.jpg

コシヒカリの水田 冬景色
210111.jpg

耐えて生きる
210112.jpg

溝、溝、溝

集落の中も外も溝の中。
車の後部座席なら雪の壁しか見えない。
この溝があるから雪の中で雪の無いような暮らしができる。
この深い溝も5月になればきれいさっぱりなくなる。
連綿と繰り返され、繰り返す。

2021年 1月 自宅周辺

集落内
210105.jpg

雪国のヒーローが行く
210106.jpg

草も木もひたすら耐える
210107.jpg

明るい春はまだ遠い。
210108.jpg