花、あれこれ

魚沼の春も花はいっぱい咲く。
カタクリ、水芭蕉、イワウチワ、イワカガミ、スミレ・・・
知っている名前をあげてみた。
これからもフジやウツギなどが彩を競う。

2017年5月 南魚沼市

170511.jpg

170509.jpg

170510.jpg

170512.jpg
スポンサーサイト

ゴールデンウィークの頃、地元のスキー場のゲレンデがカタクリの花で覆われる。
雪が消えるとすぐに芽吹き、あっという間に花を咲かせ、他の草が伸びてくる頃には休眠する。
スプリングエフェメラルの言葉がぴったりだ。

2017年5月 南魚沼市

170505.jpg

170506.jpg

170507.jpg

DSC_1378.jpg

新緑

ゴールデンウィークになり当地もモノクロの世界から色が帰ってきた。
新緑、花、などが撮って撮ってと競い合い、
体が幾つも欲しくなる楽しい季節が始まる。

2017年5月 南魚沼市

170504.jpg

170503.jpg

170502.jpg

170501.jpg

ブナ林公園 早春

4月も下旬だが、雪も残り緑もまだまだ浅い。
ここの水芭蕉群生地も雪の下。
雪国の春は忙しい。
桜もカタクリも水芭蕉も一斉に咲きだす。
写真を撮るには体が幾つも欲しくなる。

2017年 4月 南魚沼市

1704221.jpg


1704223.jpg

1704222.jpg

1704224.jpg

南魚沼 早春

春を探しに裏山へ行く。
営業の終わったスキー場、ゲレンデに残ったシュプールが寂しい。
振り向けば、やさしくなった雪景色が春を感じさせる。
水面からも冬の厳しさはなくなり穏やかな景色が広がる。

2017年 4月 南魚沼市

2904021.jpg

2904022.jpg

2904023.jpg

2904024.jpg